書店で見かけた際には是非お手に取ってみて下さいね!
ハヤテのごとく!第40巻は買ってくれたかな?

東大リソース

大学知を小中高学校現場へ.東京大学が発信する新型高大連携のためのリソースです.

我がスペイン(?)にとって倒しがいのあるラスボスですわ
実践学講座

私たちが学内他研究科等とのコラボで発信する新しい高大連携事業について紹介します。

実践学講座

出張授業・講習会・見学会等
剣闘試合の形式は実際に古代ローマ帝国で行われていたものとは結構別ものです

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などがこれまで行ってきた、小中高校生や先生、PTAなどを対象とした、出前授業や見学会の紹介です。

一覧へ

東大開発の小中高向け教材等
『ハヤテのごとく!2008カレンダー』のもう一つの事なんですが マキナ本人が来なければ確実に靴に口づけコースでした

東京大学の教員や部局、関連団体や学生などが開発・作成した、小中高校生や先生、PTAなどをを対象とした、教材の紹介です。

今後の彼の人生も色々波乱含みとなることでしょう

東大ウェブリソース

東京大学から発信されているウェブ上の動画教材などを、2009年に調査し、まとめたものです。現在はリンク切れになっているものもあります。

最近目覚まし時計を新しくしようかと考えてます

電子教科書

東京大学の知的リソースとして活用いただける電子教科書を紹介しています。

個人的にハマッたのは「バカ殿目覚まし」! 時間になると「アイーン

CoREFについて
パンフレット/リーフレット
問い合わせ先
ハヤテのごとく!第40巻は買ってくれたかな?

まぁ本格的な出番はまだもうちょっと先というか

協調学習
リソース

一人ひとりの学ぶ力を引き出して伸ばすために.学習科学に基づいて産学官連携で進める新しい授業づくりのリソースです.

姉ログワールド内は次週から夏休み回に入るので
知識構成型ジグソー法

協調学習を引き起こす授業手法の1つとして、東京大学CoREFが開発し、実践研究を進めています。手法の概要については「知識構成型ジグソー法」を、授業づくりのポイントについては「授業デザインハンドブック」を、実践例については「使い方キット(定番教材)」をご覧ください。

とりあえず正規品を買っていれば間違いはないだろう」

協調学習研究連携

東京大学CoREFでは、全国の教育委員会、学校と連携し、協調学習を引き起こす授業づくりのための継続的な大規模実践研究連携プロジェクトを行っています。プロジェクトでは、「知識構成型ジグソー法」の授業手法を中核に、授業デザイン、学びの見とりと評価、先生方の力量形成、行政研修や研究事業のデザインなど、多様な課題に取り組んでいます。詳細は「活動報告書」でご覧いただけます。

活動コンセプト

これ以上どうやって進めばいいのかなど分かるはずもないから

デカデカと描いてある『アレルギー物質/リンゴ』の表記くらいいらねーよ!

産学界・学会との連携

そして第三回目の人気投票の結果発表ー!!! 【第002話 The way you and I stride】
学習科学:授業デザインと評価の理論

私たちの活動のベースにある学習科学の理論について紹介します。

理論:学習科学

イベント

東京大学CoREFの実施してきたイベントの一覧です。

『トニカクカワイイ』第一巻が5月18日頃発売されます!

画像は来月発売の単行本30巻の表紙イラストです

NEWS 最新情報

協力

      

TOPICS お知らせ

一般家庭にはもはやこれを張るスペースは皆無といっていいはず!


以前の情報はこちら
高大接続研究開発センターについてはトラブルメーカーにも成りうる「支援」の難しさ

article 連載用のネームから一番大きく削ったのはメインヒロインの存在